9月 12 2016

単行本が出る前と後のこと

大学に勤めだしてからもう十年くらいになるかもしれない。准教授として専任で働き始めてからは八年。家計の全てを私が支えていたけれど、父親が癌になってもっとお金が必要なのがわかって、諦めてしまった。大学への通勤に往復4時間、週に三日、さらにもう1日、専門学校でも仕事をしていた。週に三日の休みじゃ漫画は描けない。だから漫画を描くのは諦めてしまった。だけど漫画を描くのは好きだったし、描けば喜んでくれる人もいるだろうから同人誌だけは続けた。それとイラストの仕事も。でも商業誌の漫画の仕事なんて責任の重いものには手が出せなかった。おおよそ二十年間ほど、漫画はアシスタントも入れずに一人で描いてる。だからやっぱり片手間では描けない。

今回の「ディア・ダイアリー」を出すにあたって、書き下ろしを含めることになっていた。大学の冬休みや春休みを使って少しずつ描いていたけどちっとも間に合ってなかった。最後の3週間ほどは大学の授業を休ませてもらってほとんど寝ずに描いていた。Twitterなんかで単行本が出ることを伝えたかったけど、もし何かの手違いで本が出なくなってしまったら、誰かをがっかりさせてしまうんじゃないかと怖くて、本当に発売日が決定するまで何も云わないと心に決めた。単行本が出ることが決まってからは、力を貸してくれた編集さんや出版社の方の恩に報いるために、なるべく明るい要素を持ち込んで宣伝をしていこうと考えた。それで毎日落書きを描くことにした。休んでしまった分の授業を補いつつ、なるべく毎日描けるように努力した。大学の先生や助手の方々も授業を助けてくれてとてもありがたかった。甘えてしまってばかりで申し訳ない気持ちでいっぱいだった。長い間サジを投げずに待ち続けていてくれたファンの人たちに応えるために、私ができることは漫画を描くか、絵を描くことしかないんだと知っていた。だから何か描こうと思った。喜んでくれる人がいるのは幸せだ。居場所があるのはとても幸せなことだ。そのことの気づけたことがここ何年間で最良の出来事だ。「フォレスト・ガンプ」という映画が大好きなんだけど、その中に、エビ獲り船のジェニー号でダン中尉がフォレストに「まだ礼を言ってなかったな」というシーンがある。結局中尉は礼を言うわけでもなく、川に飛び込んで泳いで行ってしまうんだけど、フォレストはダン中尉を見て「神様と仲直りした」と感じる。記憶で書いているだけで定かではないんだけど、そのシーンがとても好きで、何度見ても何かを考えてしまう。その映画のシーンのように、私も漫画に背を向けていたのかもしれない。今は仲直りしようと、散らばった破片を拾い集めているところなのかも。ごめんなさいを云うのは簡単じゃない。時間がかかる。だけどいつか云わなければと思っている。

わかりにくい日記ですみません。



9月 5 2016

なんでデニムジャケットに絵を描いたかということ

私が十九か二十歳かくらいの頃、時々、知人のデニムジャケットや革ジャンの背中に絵を描いて幾らかのお金をもらっていた。アメ車のオーダーが多かったと思う。正直云って布や革に車を描くのは過酷だった。漫画家になるうんと前だった。みんな喜んでくれるから、まあそれでいいのかなって思ってた。数年前に不幸な出来事で亡くなった友人のお葬式に行った時、彼の洋服ラックの中に、私が絵を描いたデニムジャケットが吊るしてあるのを見つけた。描いたことも覚えてなかったからとても驚いた。死ぬまで持っててくれたのかと胸が詰まった。それでまたいつか描こうと。本当は今でも誰かの注文を聞いて描きたいと思う。でももうできないだろうな。誰かが大切にしているジャケットだから、失敗する訳にはいかない。昔はもっと重圧だった。みんなの一張羅だったから。次描く時は白のTシャツに描こう。濃色のデニムはこりごりだ。

IMG_5237



8月 16 2016

商業&同人、新刊購入のお礼

コミケでは驚くほど暑い中、遠いところをわざわざ来てくださって本当にありがとうございました。本を購入してくださったり、差し入れをくださったり、話しかけて労ってくださったり、こんなにも幸せでいいのだろうかと地に足つかない感じでした。単行本を買いましたとおっしゃってくださった方もたくさんいらっしゃいました。心からうれしかった反面、いろいろ反省をしたり、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。こんなにありがたいことはないから何かしなくちゃって思います。何かしなくちゃ。漫画を描くのが一番いいのはわかっています。実は同人誌でずっと描いていたんだけど、今回単行本が出て、しばらくぶりに私が漫画をまだ描いていると気づいてくださった方がいました。商業誌の作家なので商業誌で描かないのなら私は存在しないのも同じです。私が学校の先生をやっていることなんて、並行宇宙の出来事と変わりないんです。だからなにかしなければいけない。それが漫画を描くことだとわかっているのに、そこから先に進むのは少し難しい。私一人でどうにかできることではないように思います。漫画を描くのは好きだし、描くのも少々早くなりました(笑)。間を置かずに次を読んでもらえたらいいのにって思うし、できれば長い作品を読んでもらいたいです。人生でまだ、2巻目まで単行本を出したことがないから、そのくらい長いものをかけたらいいのにって思います。だからしばらく何ができるか考えてみます。単行本の中で、紙の漫画を出すことが大変だと書きましたが、それ以上に雑誌を継続させることは大変で、私が描いていいような雑誌などはもう無くなってしまったのかもしれません。もし描いてもいいよって雑誌があるんだったら新人さんと同額の原稿料でも構いません。声をかけてくださると嬉しいです。私にはそうやってでも返さないといけない恩がたくさんあるから。

描くことでしか恩返しできないのはわかっています。ファンの方にも、お世話になった編集さんにも。放ったらかしにしてしまったものや、果たせなかった約束を少しずつ全うしていこうと思います。だけど根はダメな人間なので気長に見守っていてください。

お礼を書くつもりが横道に逸れてしまってすみません。それから、もう一回だけ単行本の宣伝を載せさせてください。

 

多田由美 新作単行本 / ディア・ダイアリー

amazonリンク

510ppnSzWXL._SX352_BO1,204,203,200_



7月 23 2016

8/10発売単行本、予約特典、単行本仕様(収録作品)

8月10日発売の「ディア・ダイアリー」の仕様についてと、予約特典のお知らせです。

仕様及び収録作品

タイトル:ディア・ダイアリー
発売日:8月10日
定価:1,500円+税
発行:ワニブックス
収録作品:

・フルカラー作品
ディア・ダイアリー(描きおろし)/Polaris/アナ・クリフト

・モノクロ作品
転瞬/Miami/the bridegroom

・巻末に、表題作品のメイキング(字コンテ・絵コンテの一部)を収録。
全128ページ中、カラー・ページ数が62ページ

予約特典

・描き下ろしフルカラーポストカード/フェア参加店
・既に発表したことのあるイラストのフルカラーポストカード/有隣堂
・描き下ろしモノクロポストカード/アニメイト

巻末に収録の字コンテは、以前ブログで「脳内ネーム」と呼んだ、頭の中の映像に紐付けされたキーワード群です。誰かに読んでもらうつもりではなかったので、字も汚く読みづらいですが、何かの参考にしていただければ嬉しいです。

ついでに近況ですが、最近は映画もドラマも見ずにひたすら絵を描き続けています。大学の授業はあと二週間ほどあるので、夜更かしして描く、早起きして描く、の繰り返しです。大学が休みに入る頃には夏コミの入稿を終えていないといけないのでかなり必死です。今は描くのがとても楽しいので新刊は落としたくないです。ただそのぶん落書きはあまり描けなくなってきました。それでも単行本の発売までは頑張るつもりです。このままずっと漫画やイラストを描いていたいなと思っています。夏コミで何かプレゼントをご用意したいので、そのアイデアも考えている最中です。



7月 17 2016

単行本のお知らせと、夏のイベントスケジュール

真っ先に新しく出る単行本のお知らせをさせてください。51wCH1GeSuL._SX352_BO1,204,203,200_

amazonに書いてあることを信用するならカラー作品が64ページ分もあるそうです。たぶんそのくらいはあると思います。その中には36ページの書き下ろしカラー漫画も含まれています。どの作品も他の単行本には未収録です。

・ディア・ダイアリー – 多田由美 短編集 ¥1620 (アマゾンのリンクです)

・どこか別の本屋さんで予約すると特典があるとかないとか聞いたんですが、詳しくは覚えてないので、もしわかれば後日追記します。

・発売日は8月10日です。

コミックマーケット90

この夏もコミケに参加の予定です。スペースや日程、頒布物は下記の通りです。日にちが近くなったら頒布物の詳細をおしらせします。

8月14日日曜日 西 あ-70b キャンプファイア・カンサス

頒布物はフルカラー漫画冊子を予定しています。また、8月10日に発売の単行本と新刊をご購入の方に何か特典を考え中です。

 

伊勢丹新宿、ルミネ2でのアクセサリーの販売

上記の店頭で自作のタティング・アクセサリーの販売があります。実を云うと、大学と専門学校で授業をして、漫画を描いて、さらに通勤電車の中でアクセサアリーを作るという生活があまりにつも辛すぎて、今後アクセサリー部門は縮小していく予定です。ですので大きめの出展はこれが最後かもしれません。creemaでの受注製作や再販依頼にもお応えできなくなります。振り返れば睡眠時間を削って、1年間で200点程を作りましたが、やっぱり辛かったです。今後は漫画の片手間に、新作を中心に作って、出来上がったら売るという形をとりたいです。

販売会の日程は両店舗共、8月中旬から下旬。作品の点数によってはルミネ2のみの販売かもしれません。詳細後日。

 

その他

展示会や原画の販売などの企画の話も出ています。何か決まりましたらこのブログかtwitterでおしらせします。また、twitterではプロモーションの意味を込めて、ほぼ毎日落書きをあげています。見に来て楽しんでいただけると嬉しいです。ネタに困ったらリクエストを募るかもしれません。

 

書き下ろしの漫画を描いている時に、どうして自分は下書きや線画を描くのが遅いのかがわかり、その解決方法を見つけました。今までの半分くらいの時間で下書きが描けるようになったんです。だから落書きも比較的簡単にできるようになりました。それとあと一つ、今使っているPainterを購入してからこっち、どうやら筆圧を使わずに絵を塗っていたようです。ちょっと前に、筆圧の設定が全てオフになっているのを見つけてしまいました。マウスで塗っているのと同じってことだったのかな?筆圧の設定をオンにしたら、今までの半分の時間で塗れるようになりました。技量が足りないせいで塗りづらいのだと思い込んでいましたが、まさか設定だったとは。バカでした。