11月 14 2017

仕事や冬コミのこと

夏からモニターをしていたCLIP STUDIO PAINTのiPadアプリ版がリリースされて、やっと秘密を持たなくて済むようになった。評論家のような立派なことは云えないけど、画面が広く、ジェスチャーも使えて良好だ。ベータ版の時から時々二本指タップのUndoができなくなるけど、落ち着いてファイルを保存して、アプリを立ち上げ直せばまた動いてくれる。アプリ版のCLIP STUDIO PAINTに完璧を求める人もいるだろうけど、それは理想の恋人みたいに手に入らないものだと考えて、より良いアプリにしていくためにフィードバックを送ればいい。私はかなり気に入ってる。本当を云うとCLIP STUDIOなんて大嫌いだった。だってよく知らなかったから。知らないことを嫌いと云いかえていたダメな大人だった。

冬コミのこと。ずっと描き続けていた落書きがまた100枚を超えたのでそれをイラスト集にして出すことと、夏に描きかかっていたBL漫画を完成させて、それも別の一冊にして、合計2冊を出そうと思っている。云ったからには出さなければ。今回はイベントに来ることが困難な古いファンの方のために、通販分もかなり多めに刷る予定。缶バッヂもいっぱい配りたい。

商業誌のこと、これはもうちょっと先で話させてください。まだ内緒。描き慣れないネームを描いたり、シナリオを作ったりしてるところ。

少し前に自分の日記帳に毎日のようにネガティブなことばかりを書き連ねていた。そのおおよそは自分自身の不甲斐なさについて嘆く内容。そんな風に落ち込むと絵を描くことにしている。絵を描くことに集中して忘れてしまおうとしている。最近はクリスマスが近づいて来るので機嫌がいい。一年で一番、何もかもにイルミネーションが取り付けられて、光らなくていいものまで光り輝く季節だから。これを書き終えたら絵を描く。仕事もする。遅くに寝て早くに起きて仕事に行く。電車に乗ったら、もっと効率よく漫画を描く方法を考える。



8月 15 2017

夏コミのお礼

コミックマーケット92にはお暑いところをおいでくださいましてありがとうございました。新しい本が出せて良かったこと、それを手に取っていただけたこと、ご挨拶をしていただいたり、応援していますと声をおかけくださったり、どれもこれも嬉しいことばかりでした。差し入れもありがとうございました。出たり入ったりしていてお会いできなかった方々には申し訳ありませんでした。どうか夏の思い出の一部になれますように。短い時間でも、分かち合ってくださってありがとうございました。

BL漫画をどうやって描こうかと思案しながら大学で仕事したり本業をやったりしていたら時間が足りなくなり、途中まで描きかかっていた20ページのシナリオのものは断念し、14ページのシナリオを新たに作るけど、描きあげるにはこれもやはり時間が足りず、結局9ページのシナリオをさらに新しく作り、描き始めた。イラスト集を1冊入稿していたからそれで夏コミに臨めばいいんだけど、やっぱりどうしても漫画を描きたくて、最後の最後、イベント当日の朝の5時まで粘って描き上げた。でも、ごめんなさい、最後はちょっと端折ってしまった。ごめんなさい、最後を必ず正しく描きなおすから。漫画を読んでもらわないと、私のいいところは何も伝わらない気がしている。なんでだろう。実際、B4コピー用紙にたった二枚の漫画を描いているときは本当に楽しかった。天が命じた仕事だと錯覚するくらい。描き終わるとそういう幻覚は覚めてしまう。描きかかっている20ページの漫画がまだあるし、14ページの漫画も。冬にはちゃんと描いて持っていきたい。短いお話だけど、寝る時間も無駄な表現も、全てを削ぎ落として描いている。何かが伝わればそれでいい。私は私の役割を気に入っている。私は私が、背中の瘡蓋みたいに、指先に何かが触るけどそれが何かわからず、ただ気になるだけの存在でいいと思う。



7月 10 2017

連載と夏コミのこと

2009年に父親が亡くなってから、人が死んだり傷つけたりするお話が描けなくなってしまった。飛行機にも乗れなくなり、エレベーターも電車の揺れも怖くて仕方なかった。生きることと死ぬことの両方が怖くて仕方なく、一年くらいは虚空を見つめては泣いてばかりいた。でもここ二年くらいは死ぬことも生きることの一部と、フォレスト・ガンプのママの云ったことを噛み締められるようになった。一年ほど前に約束したように、(してないかもしれない。したような気がするけど)ちょっと長めのお話を読んでもらいたいという願いが叶うかもしれない。現実になれば連載が始められる。そしたら毎月読んでもらえる。人の生き死にを題材にしたものも描けるようになった。描く必要が必ずしもあるわけではないけど、不自然に避けて通ることをしなくて良くなった。心からありがたいと思う。

そんなこともあって、夏コミは最初に予定していたものが描けなくなった。代わりに何を描こうかと思案して、そうだ、ちゃんとしたBLを描いてみようと思い至った。いつか描こうと思いながらも描かずにいたけど、勿体付けてなんの得があるものかと気づき、どうせ薄っぺらな本しか出せないから一石二鳥という具合になった。それと、この一年で描き続けた百枚ほどのカラーイラストをまとめたものも一冊。時間はあまりないけど、どうか美しい本が作れますように。



4月 27 2017

5/6コミティア120参加と新刊、webで読める漫画について

5月6日土曜日、コミティア120 東京ビッグサイトに参加します。スペースは以下です。
Q16-a キャンプファイア・カンザス

新刊はモノクロ漫画一本を書き下ろしますが、続き物を予定しています。続きは夏コミの新刊で発表し、最終的に単行本一冊分くらいの長い漫画を描きあげる予定です。どうしても長い続き物を読んでいただきたいと思ったことと、可能なら最終話を書き下ろして単行本化できないか模索するためにこのような形を考えました。大学の仕事もあって漫画を描く時間がなかなか取れないのですが、1年程度で終わらせられるよう、少しでも多く描いていくつもりです。単行本化できれば同人誌即売会に来られない方にも買っていただけるんじゃないかなと考えています。本来なら同人誌即売会での販売をせずに全て書き下ろして、単行本化するのがいいのですが、大学の仕事の傍らで一冊分を書き上げることができないため、締め切りを設けて書き上げようと、今回のような形になりました。

また、現在完売しました同人誌に掲載していました作品をPixivで掲載しています。以前お買い上げくださいました方々には本当に申し訳ありませんが、続き物などは途中までの話を読んでいただく必要があるため、どうかご容赦いただければと思います。どれも元ネタのないオリジナルに近い漫画ですので、普通の漫画のように読んでいただけます。

漫画は全てpixivにあります。ご覧いただけない場合などはご連絡ください。
Wishing Well テニス漫画(跡部くんと忍足くん)
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン漫画 1
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン漫画 2 (3は在庫ありです)
The Academy Is…漫画 1
The Academy Is…漫画 2
ペルソナ4漫画
グリーンデイ漫画
Mew漫画



3月 31 2017

モーニングの漫画のことやこの先のこと

作品は読む人のものだから、作り手は何も云うことがない。作品でうまく伝えられなかったら、それは全て私が悪い。次に生かして精進する。商業誌は久しぶりで、ちょっと不思議な理由で描かせていただいたんだけれど、実は同人誌はここ10年くらいはそこそこ描いていた。でもそれじゃダメなんだってわかった瞬間があった。私の漫画を読んでくれようと思ってくれる人たちはみんな忙しい。2016年や2017年に、アマゾンで買えない本なんて意味がない。同人誌即売会に足を運んでくださる方々はとても奇特な方だと思ってる。本当に頭がさがる。お盆や暮れの忙しいさなかに、あの人混みに来て漫画を買ってくれと云うのはとても横柄なことだと思った。だから商業誌でなくっちゃって。でも実のところ、この先の商業誌の予定はない。予定がなければ自分で作って行くしかない。単行本に足りなかった原稿を書き下ろして本を出してもらうようにお願いするとか、新しいものを描きためて、どこかで単行本にして出してもらうとか、自分が先に何かを作らなきゃ誰も手を貸してくれないこともわかっている。
誤解を恐れず云うなら、自分の作品は誰かの人生の一部かもしれないって思うこと。偉そうなことをいうつもりはないんだけれど、時々ふとそう思う。だから甘えたり、描きたくないって思うこと自体罪深いことなんじゃないかなって。本当のことを云うと大学で働いていれば食べてはいける。だけど見放さず読んでくれようと待ってくれている人たちに恩を返さなくちゃって、だから人の倍働いて漫画を描こうと誓いを立てた。みっともないくらい宣伝してみたり、買ってくださいとお願いしたり、たくさんの落書きを描いたりするのも支えてくれた人の恩に報いたいだけ。「今月の多田由美の漫画はイマイチだった、何が言いたいのかさっぱりわからない」なんてまた云われたい。次は面白いかな?あんまりグダグダだともう読まないぞ、とか。でもそれをするにはもうちょっと本が売れないと。

これを読んでくださっている編集者さんへ。原稿のお仕事があったら声をかけてください。タダでとは云えないけど、割と安めの原稿料でも描きます。お話を作るのに時間がかかりますが、原稿そのものを描く時間はうんと速くなりました。